So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

まもなく「4.25」・・・【再掲】 ETV特集「福知山線脱線事故 ある遺族とJR 3年間の対話」 [過去記事]

JR西日本 福知山線脱線事故・・・この事故は、それまで築き上げてきた「安全」の概念を覆してしまうものでした。
そしてこれは、事故から3年が経過した時、NHKが放映した番組の要約です。

・・・107人が亡くなったJR福知山線脱線事故から2008年4月25日で丸3年がたつ。NHKは、事故直後から節目ごとに行われてきたある遺族とJR西日本の社長や幹部との対話を記録し続けてきた。かけがえのない肉親を失った遺族と、事故を起こしてしまった企業。両者は3年に渡る対話の中で互いに何を思いながら何を話し合ってきたのか? 事故にかかわる3年間の出来事と照らし合わせ、ある遺族とJR西日本の対話を見つめる。(以上、NHKのHP、番組紹介のページより)

番組のナレーションは言う。「補償交渉を進めたいJR。しかし遺族の側には、その前に問い掛けたい沢山の事がありました」。

事故で妻を亡くした中村重男氏。番組の中で、氏は「JRは事故から学んでほしい」それには「企業風土を変えていってほしい」、と何度も訴えていた。これは多くのご遺族や被害者の方々に通じるものだと思う。氏も現在のJRの姿勢には納得する事ができず、現在も補償交渉を開始していない。

「企業風土を変える」。
それはどういう事であるのか。
番組は、それについては視聴する側にも考えさせる、という姿勢であるように思えた。

番組後半の部分で、JR西日本の山崎社長が「組織は内部志向であった」、「コミュニケーションの改善が必要だ」、そして「見守っていて欲しい」と述べる姿が映し出されていた。

**************************************************************************
放映は 5月4日 (日) 22:00~(60分)、NHK教育でした。
番組は、テーマをある程度絞って伝えるものでした。いずれにしても、やっぱりテレビ(映像)が伝える力は大きい。

ところで、以下8コマの画像キャプチャは、番組のエンディング部分。私はこの部分のつくりでも(勿論全編そうですが)番組制作スタッフの熱意を感じたところです。
シーンは中村氏が4月25日に事故現場へ向かうところから始まる。そして、その時間にそこに立ち、通過する電車を見送るところで番組は終わります。
08050404.jpg
08050405.jpg
08050406.jpg
08050407.jpg
08050408.jpg
08050409.jpg
08050410.jpg
08050411.jpg


*******************************************************************************************************************
2008年5月にアップした記事です。
過去の記事は消去したのですが、この記事だけは残すことにしました。
この番組は取材対象に近づきすぎず、伝えることに徹した内容だったと記憶しております。

なお、NHKでは昨年の5月に、この続編とも言える番組を放送しています。
以下のリンク先で、その概要を確認することができます。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3643_all.html

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月5日、「新」忍路トンネル(小樽) [札幌・小樽]

以前の記事で取り上げました「忍路トンネル(小樽)」。
早速、NEWな状態を見に行ってきました。

(2018年4月5日撮影)
P4059801.JPG
P4059802.JPG
新線切換え部分(小樽側)。
約2週間前(3月16日、新線開通の前日)はこんな感じでした。
P3169799.JPG

P4059806.JPG
新線切換え部分(余市側)

P4059805.JPG
P4059803.JPG
通行できなくなった区間を上から見たら、こんな感じです。
やはり、安全性と景勝はトレードオフのようです。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【再掲】 6月1日、張碓の林道 [札幌・小樽]

今年は雪解けのペースが早めです。
そんな訳で、ここの林道にも割と早めに入れるかもしれません。
以下の記事は4年前の6月に公開したものの再掲。海の向こう側に見える山々が独特の(と言うか、何か不思議な)眺めでした。

 ***

今週に入り、暖かな日が続いています。
ここ2日間の札幌の最高気温は10度ぐらい。これはおよそ11月上~中旬ごろと同じで、地元のライダーもちらほらと活動を開始しはじめました。
そんな訳で、写真は(まだ気が早いのですが)、初夏の山の眺めです。


(2014年6月1日撮影)
P6013234.JPG
国道(5号線)から林道に入ってひたすら登り、撮影した地点の標高はおよそ700メートル。遠くに海が見えてきました。

P6013235.JPG
遠くの山々はピンネシリ?

P6013236.JPG
山が浮かんでいるようにも見える。なぜこのような見え方になるんだろう??

P6013241.JPG
P6013242.JPG

眼下には小樽の市街地。
P6013238.JPG
P6013239.JPG

所々、まだ雪が残っていました。
P6013240.JPG


この林道、地元・ご近所ではお手軽ルートの一つ・・・なのですが、頂上付近は割と勾配がきつい。
原付2種クラスでも走れますが、時々一部区間が深ジャリの時もあり、できればもう少しデカいバイクのほうがいいかも。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

男性フェミニストの限界!?・・・「生む機械」の発想と変わらない・・・ [Twitterより]

これは、とある男性フェミニストのツイートです。
別に、男性がフェミニズムを支持してはならない、フェミニストを自負してはならない・・・という訳ではないのですが。

率直に言って俺は、女性が男性より有利な地位を享受してはじめて公正な社会だと思ってる。月経、妊娠、出産といった人間社会を維持する上で不可欠な負担は女性だけが負っていて、男性はその点で全くのフリーライダーなのだから、女性の生物学的な負担は社会的に報われて当然だと思う。現状は逆だけど。

このツイート主は30代とのこと。うーん、お若い・・・と言ったら上から目線で申し訳ないのですが、とにかく何か引っかかるものがあります(特に太字の部分)。
男性の肉体構造では、妊娠・出産・授乳等は不可能であるのは事実ではあります。
しかし、
 月経、妊娠、出産を能動的に受け入れている女性、
 妊娠・出産を選択しない女性、
 妊娠・出産を望みながら、諸事情により困難な状況にある女性、
 女性だけではなく、バートナーを含めた合意・意志、
・・・等々、人それぞれ様々な立場があるはずですが、このツイート主の視点ではこれらのことが抜け落ちてしまっているようです。少々捉え方の幅が狭いのではないでしょうか。
また、この文章をストレートに読むと、「女性の月経、妊娠、出産は人間社会を維持する上で不可欠であり、女性が受け入れるべき苦役」という解釈も生じかねず、このツイート主が女性の意思を尊重しようとしているのならば、これは極めてグレーな表現です(ブラックに近いかも)。

そうしたところ、これに続き以下のツイートがありました。

例えば平均給与は完全に男女同じじゃなく、女性の方が多いくらいでやっと公平。政治家や大企業の幹部の男女比率もそう。繰り返すが、この国の現状は逆だけどね。

・・・平均給与だの政治家や幹部の男女比率だの、これはアウトでしょう。
これじゃあ補助金政策の発想と何ら変わりない、と言われても仕方ありません。このツイート主、女性を社会的な「産む機械」と捉えているのでしょうか???

結局のところ、このツイート主はご自身の脳内で「仮想女性」を生成し、いろいろ物を言っているという事なのでしょうか。その「仮想女性」に同化・同期してしまっているようです。これでは実際の、多くの女性の為にはならないのではないでしょうか。

またこれは、災害や事故、犯罪などの被害者支援についても同じことが言えます。
支援者(第三者)は被害者に同意しても、絶対に同化してはなりません。

 https://twitter.com/chounamoul

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

3月17日、札幌駅「特急オホーツク」 [バス・鉄道]

ここは札幌駅。ダイヤ改正当日の特急オホーツク号(通称、ボローツク)です。
特急北斗のお下がりとは言え、ハイデッカーグリーン車やグレードアップしたシートの普通席車を期待していたのですが・・・

(2018年3月17日撮影)
TS3I0571.JPG

編成は昨日までと何ら変わっておりません。
もっとも、考えてみたら一夜のうちに車両を「異動」できる訳でもないのだから、まあ年度内(今月いっぱい)は仕方ないのかもしれないなぁ・・・と思っていたところ、JR北海道のHPによると写真の車両は6月まで残る模様です。ゴゴゴゴゴ・・・という、いかにも水平対向12気筒といった風の重厚なエンジンサウンドは、しばらくお楽しみいただけます。

なお、写真のキロハ車は現在5両。
一方のハイデッカーのキロ車も、120km/h車・元130km/h車を合わせて確か5両。恐らく両者は混用せざるを得なくなるでしょう。なのでキハ車も含め6月までに一部を除く元130km/h車はブレーキ仕様の再改造を受けるのではないでしょうか。

imgR1026C.jpg

imgR1030C.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog