So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

5月23日、宗谷丘陵 (2) [道北]

宗谷丘陵、その2.
それでは早速、前回記事の続きです。

この光景は、ここならでは。
出来るのであればクルマ以外で訪れたいものです。P5239871.JPG
P5239874.JPG
P5239880.JPG

それにしても、なぜこのような形状となったのか、本当に不思議。
P5239881.JPG
P5239885.JPG

P5239863.JPG
P5239865.JPG
しかも、放牧の為か草が刈り取られており、ちょっと妙です。

P5239887.JPG
P5239875.JPG
窪みの先端部分は、このような感じ。

P5239879.JPG
「白い道」も走って来ました。
・・・と言うか、偶然この道に入ってしまいました。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月23日、宗谷丘陵 (1) [道北]

宗谷丘陵。
以前クルマで行ってきたことはあったのですが、出来ればここはバイクで走りたいところです。

(2018年5月23日撮影)
P5239851.JPG
オホーツク海側より入りました。

P5239853.JPG
P5239854.JPG

P5239855.JPG
軽~く、ジェットコースターの路状態。

P5239858.JPG

P5239859.JPG
P5239860.JPG
宗谷岬の食堂、最北端にて昼食。
ホタテのラーメン&ライスを注文。味は昔風というか、いたって普通。
普通、と言ってしまうと味気ないのですが、普通にこそ味わいがある、と言いますか。

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月23日、びふかアイランドキャンプ場 [道北]

びふかアイランドキャンプ場。
ツーリストにも人気があり、連泊する方も多いとの事ですが、実際に使ってみると・・・。

(写真は全て2018年5月24日撮影)
P5249891.JPG
管理棟。
使用料はフリーサイトで大人300円と割安。洗濯も可能で、美深町指定のごみ袋を購入し分別のルールに従えば、ごみも受け入れてもらえます。

P5249888.JPG
フリーサイト。奥の建物は「びふか温泉」
日帰り入浴も可能で、大人400円と割安です。

P5249889.JPG
トイレ及び洗面場の建物。
トイレは水洗でウォシュレット装備。洗面場では、朝と夕方の時間帯はお湯が使えます。

P5249890.JPG
コテージ。
この日は一組(1棟)の利用があったようです。

このように設備が良く、就寝時の音も遠くに列車の通過音(確か21:30頃で、それほど遅い時間ではありません)や車の走行音、それと自分が使った日はカエルの鳴き声が聞こえる程度で、ほとんど静かそのもので、十分に休めます。
また、ここに連泊し宗谷方面を観光するというルートが組みやすい(自分も連泊し、そのようにしました)という地理条件でもあり、なるほど人気なわけだ、って感じでした。

札幌からはやや遠い距離なのですが、また来月にでも行ってみようかと思います。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

4月18日、青い池 [道北]

美瑛町、青い池。
今年の1月に行ったときは、池が雪に覆われていて、ほとんど何も見えない状態だったのですが。
P1069769.JPG

(2018年4月18日撮影)
P4189809.JPG
美瑛市街より白金温泉方面に進みます。
15分ぐらい(だったか?)走ると、間もなく青い池の駐車場入口というところまで来ました。
前方は、いい湯加減の模様です。

P4189823.JPG
駐車場から散策路を進み、池に到達。
この池は人工のもの。ちょうど入浴剤か何かを入れたような感じです。

P4189815.JPG
P4189819.JPG
P4189820.JPG

P4189814.JPG
湖水は、何か細かい粒子状のものを含んでいるように見えます。
この何かが発色に影響しているのでしょうか?

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

1月6日、青い池 [道北]

たまーには普通の観光地に行かなくては。
そんな訳で行ってみたのが美瑛町の青い池。

(2018年1月6日撮影)
P1069772.JPG
とは言え、あいにくの天気です。

P1069767.JPG
P1069768.JPG
遊歩道を進みます。
途中、夜のライトアップ用の投光器が設置されています。

P1069769.JPG
で、今日は結局のところ、色どころかほとんど水面も見えない状況でした。

P1069770.JPG
遠くにかろうじて水面が。

やっぱりここは夏に訪れたほうがよさそうです。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:blog