So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ドライバー異常時対応システム ・・・バスでは既に実用化されていた。 [バス・鉄道]

先日ツイッターに高齢ドライバーの暴走型事故に関連して、このような投稿をしたのですが・・・

『自動車がドライバーの異変や誤操作を検知し、対処するシステム』は大形バスでは既に、これにほぼ近いものが実用化されていました。
メーカーの解説によると、

ドライバー異常時対応システム (EDSS:Emergency Driving Stop System)
進化したドライバーモニターが、ドライバーの顔や姿勢などの運転状態を常時モニタリング。そして、車両が車線をはみ出した際に作動する車線逸脱警報との組み合わせにより、車両の異常な挙動を検知した時はEDSSが働き、速度を徐々に落として停止させます。また、ドライバー自身又は乗務員がドライバー席スイッチを押すか、もしくは乗客が客席上部に設置された客席スイッチを押すことでも、車両が制動を開始します。同時に車内では、非常ブザーが鳴るとともに、客席スイッチ内蔵ランプが点滅、赤色フラッシャーが点滅して乗客に伝達。一方、周囲にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させ異常を知らせます。


なお、このシステムはブレーキの踏み間違いなどの極端な誤操作は想定されていないと思いますが、それを取り入れる事はそれほど難しくないと思います。

以下のリンク先のメーカー(日野自動車)のサイトでは、この「EDSS」や衝突被害軽減装置などとの関連動作のフロー図が示されていますので、参考になると思います。
https://www.hino.co.jp/selega/safety/index.html

乗用車などにも、技術的に可能であれば改造でもこの様なシステムが取り付けできるようになればいいのですが。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

フラワーデモ、象徴は「花」。 [その他記事]

『性暴力と、性犯罪に対する司法判断に抗議する「フラワーデモ」が11日夜、東京や大阪、福岡など9カ所で企画された。・・・』(リンク先の記事より)

フラワーデモの象徴は、「花」。
D8xv0wZUIAA0nW0[1].jpg
ペニスを切り落とす為の「刃物」ではなく、被害者に寄り添う為の「花」。

言うまでもなく、力対力の世界である現実の世の中に於いて、「花」で暴力に対峙することは並大抵の事ではありません・・・が、声の力は以下のリンクにあるような報道(拡散力)を導いています。

朝日新聞DIGITALより
https://www.asahi.com/articles/ASM6C5SFYM6CUTIL03R.html

先ず「数は力」です。

 ***追 記***

とあるツイッター投稿によると、男性の記者がこのデモの取材で、参加している女性に対してとんでもない質問を「浴びせ」てしまったようである。
やや長くなりますが、その女性のツイートの一部を引用させていただきます。

私への最初の質問は「あなたもそういう被害に遭われたんですか?」
デモに参加した理由とか、参加した感想とかかと思ってた。なんとかそうだと答えた。
次の質問は「被害の詳細を教えてもらえますか」
それを聞きたいなら後日に改めて場所を設定してプライバシーに配慮して心理士同席の上でするべきだ。
性暴力被害は被害者にとって大きな傷だ、だから軽視するな正しく裁かれるようにするべきって話がされている場でそれか。
これは取材ではなくセカンドレイプそのものだ。
人の心を土足で踏みにじるような、心の傷を踏み抜くような取材をしなきゃ書けない記事って何。その態度が被害の軽視でなくて何。


正直言ってこの記者の行為、それとこの記者に取材を命じた上長の行為は処分相当だと思います。
被害現場の取材等も同様だと思うのですが、高度な見識が必要な事案に対して、全くの素人は向けないのではないでしょうか。
プロであるべき者の行いとして、見識が浅かったで済まされる問題ではありません。
当面、同様の取材に対しては、男性記者(及び男性のスタッフ全て)は無条件で外した方がいいように思われます。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【再掲】 ドキュメンタリー映画 「ユーパロのミチ」(伊藤詩織監督) [その他記事]

予告動画が更新されておりますので、記事を再掲します。

今までの日本の根本システムであったであろう効率重視、競争原理による「拡大再生産」型社会。
その社会システムから取り残された筈の夕張は、そのシステムを続ける限り手に入りにくいであろう「何か」を形にしはじめている・・・。
この予告動画を観ると、そんなことを感じます。

 ***

フォトジャーナリストの伊藤詩織氏と言えば、海外で仕事をしている人というイメージですが。



伊藤氏のWEBページには、こう書かれてました。
「夕張と聞いて何を思い浮かべますか? メロン? 炭鉱? 財政破綻した街? 高齢化?
私自身はこんな言葉達でしか夕張を知りませんでした。​」


そんな伊藤氏が、なんでまた夕張で映画製作???
と思いましたが、
きっと言葉では表せない何かで繋がった瞬間があったのでしょう。
予告動画も短い時間ですが、しっかりとメッセージが詰まっていたと思います。

L1010939%20(1).jpg
この写真は、そのページあったものの一枚です。
夕張市南部青葉町、ここの一角には倒壊しかかった建物なども残っています。
監督本人が撮影したのかどうかはわかりませんが、こういう写真は地元のカメラマンでもなかなか撮れないと思います。
絶妙な温度感・・・確かに寒い(撮影時、恐らく-10度は下回っていたと思う)のだけど、しっかり着込めばそれなりに暖かい、といった感じ・・・が伝わってきます。

クラウドファンディング開始予定とのことですので、応援したいと思います。
(なお、現在クラウドファンディングは既に開始しています)

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この信号機、いったいどこを向いているのか!? [道央]

恵庭市島松の某所にて。

(2019年5月29日撮影)
P5290104.JPG
P5290103.JPG
ん???

P5290107.JPG
この信号機を後ろ側から撮影。奥の白い建物は大形スーパーの店舗です。

P5290109.JPG
この交差点はこのような感じです。
別に変ったところはなさそうですが・・・。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月4日、レストラン メイプルタウン (夕張市紅葉山) [道央]

夕張名物のひとつ、カレー蕎麦。
大抵は吉野家に寄るのですが、今日はここにしてみました。

(2019年5月4日撮影)
P5040003.JPG
P5040004.JPG
レストラン メイプルタウン。
カレー蕎麦、イチオシ状態です。

P5040005.JPG
P5040006.JPG
そしてこれが、ここのカレー蕎麦。個人的にはやや辛口だった印象。

P5040007.JPG
P5040008.JPG
2階は和室とスナック・エデン・・・実に昭和チックです。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -