So-net無料ブログ作成
雑感的ひとこと ブログトップ
前の5件 | -

「自撮ーる」な方 [雑感的ひとこと]

自撮ーるとはまあ、Charisma.com的ですが、それはさて置いて、

C_hBYyWUwAABrs9.jpgC_MM3mqV0AAiGbh.jpgC7vLSdjVsAIlyNL.jpg

少し前より、WEB上にご自身の自撮り写真を多数UPされているこの方。
まあ、著明な方なので目をマスクしても、どなたかは明らかですが。

C9We6ipV0AAVfx-.jpgC-ZhGZkUIAAJMWk.jpgDABxVx6UIAA_n35.jpg

事あるごとに自撮り写真を投稿されています。
突如として何かに覚醒してしまった中高年の姿。
必死に自分自身を確かめようとしている姿と言うか・・・何か、「超えてしまったもの」を感じざるを得ません。

DCU0KLiVoAAISH0.jpgDJP5UIpVYAE_TGG.jpgDLqGbubVAAAL64u.jpg

それにしても、裁判所の前でのドヤ顔は何なんでしょうか?

結局のところ、この方がやっている事は、すべてご自身のため、という事なのでしょう。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

教員は政治家ほどイージーな仕事じゃないんだよ [雑感的ひとこと]

与党政治家ならこの程度のレベルでも(少なくとも現政権なら)生きていけるけど、学校の先生が与党政治家のようなアンポンタンじゃ困るんだよ。
繰り返すけど、教員は(今の与党の)政治家ほどイージーな仕事じゃないんだよ。


これは、とある高校教師(50歳代中ごろの男性)の方のツイートです。
現政権に(本日現在は選挙期間になってしまいましたが)憤るのは人それぞれですし、ご自身の仕事に自負をお持ちになるのも自由。
しかし、どうしてこの方がここまで挑発的な言葉を吐いてしまうのか、疑問です。
これでは、学校の先生方の考え方そのものを疑ってしまいます。

この方、実年齢は50歳を過ぎていらっしゃる筈ですが、内面はまだまだ若い方なのでしょう。
良く言えば快活、悪く言えば粗野。
そして学校社会の中には、この方より内面が成熟した父兄の方や生徒さんがいらっしゃることでしょう。その様な人達にたいしても、この方は当然、教師としての立ち位置を保たなければならない。
それは(ご本人の自覚がある、ないに関わらず)この方にとって相当なプレッシャーであり、ストレスのはずです。なので、節々にこのような虚勢を張った、挑発的な言葉が生まれてくるのでしょう。

では、この方の指導のスタンスはどうか。
これも、ツイートのひと言から垣間見ることができました。

「頑張ります」とだけ力強くデカい声で言ってみせた生徒に「じゃあ今夜どの教科のどの教材のどのページをどのくらい勉強する予定だ?」と聞けばたいてい口ごもった。気持ちの高揚だけで何かができるはずもない。

どうやらこの方、生徒を「追い込む」指導をなさるようです。内面の若さが表に出てしまっています。
確かにこの指導には、生徒の勢いを返すだけの勢いがあります。
しかしどうでしょう、50歳代・・・十二分なベテラン層の教員に、こういうスタンスの指導は期待されているでしょうか?

 ***

この方、以前は教育のカテゴリーでは中堅のブロガーさんだったのですが・・・。

 ssh-スーパー小論文ハイスクール
 http://newsshshouron.blog.so-net.ne.jp/

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

頑なな教師の屁理屈 [雑感的ひとこと]

以下、学校の先生をなさっている方がこれをご覧になったとしても、どうぞご気分を害されないでください。
これは、とある高校教師(50歳を多少超えるぐらいの男性)の方のツイートです。

以前の同僚さん(数学教師)の持ちネタ。
「勝利の方程式」という言い方はおかしい。方程式は解くもので当てはめるものじゃない。「勝利の公式」が正しい。
でも「方程式」は定着しちゃった。我が国のオトナの数学力はその程度。
若者の学力がどーのこーの言う前にやることがあるんでないの。


この方、この短い文章でもって、我が国のオトナを一気に見下してしまっています。
一見、なるほどと思える理屈なのですが・・・。

実社会の中で「勝利」する為にはあまりにも変数が多い。なので表現としては「当てはめるもの」よりも「解くもの」の方が感覚的に受け入れられやすいと思いますが、この方とその同僚さんは、その感覚的な幅、と言うか柔軟さを一切受け入れていない。
そもそも、『「勝利の方程式」という言い方』は数学力で解するものでしょうか。


またさらに、この方が自覚なさっている、ご自身の完璧なる正義によると、この文章がアリということになっております(同じ方のツイート)。

オンナ(女性性)を武器に世渡りする女性はいるが、加齢とともに容貌は劣化し商売は不利になっていく。
のだけれど、千葉麗子や櫻井よしこや小池百合子を見ると、あちらの界隈には加齢したオンナに意外に大きなマーケットがあるようで、彼女たちは生存戦略としてウヨ化したのかなと思ったりもして。


・・・暴言吐いている人はその自覚がない場合が多い。ちょっとキツく正当な主張をしていると信じ込んで興奮している。当然、周りが見えないから自分の言葉が他人をどれほど不快にさせているかに想像など及ばないんだが、そういうとき、実はいちばん損傷受けているのは本人のメンタルなんだろう。・・・

どなたがお近くの方、できればこの方を休ませて差し上げたほうが良いのではないでしょうか。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

怒りで指が震える方へ [雑感的ひとこと]

『安倍首相は今朝8時48分から、官邸で開かれた「すべての女性が輝く社会づくり本部」の会合に出席した。「すべての女性」に詩織さんは含まれていないらしい。身内の強姦事件を握り潰し、何が「女性が輝く社会」だ。この偽善、このまやかし!怒りで指が震える。』

これは、6月6日に発せられた、およそ60歳になる男性のツイートです。


怒りで指が震える・・・
自らの脳内で生成される被害者像(レプリカ)に自身の怒りを共振・同期させるなどという事は、本来の被害者支援からは完全に外れている。
だいいち、本当に被害者の事が念頭にあるならば、怒りで指を震えさせている時点で論外です。事件・犯罪に乗じて自身の怒りを吐いているに過ぎません。

検察審査会への申し立てが言わていることから判断できるのは、当面問題にするべきなのは加害者の嫌疑や、被害者女性が言っている通り(ネットで確認できる報道による)、捜査の在り方そのものについての筈です。
政治権力に立ち向かうという行為を否定したいのではありませんが、現段階で「反安倍」に傾倒するのは、かえって被害者女性の負荷を高くしてしまう行為であると考えます。


繰り返しますが、第三者が脳内で生成する犯罪や事故の被害者像は、自身の脳内での創出物に過ぎません。特に性暴力犯罪については男(ここでは成熟した男性の肉体を有し男性性を自覚する者とします)が創出する被害者像は現実の被害者をより苦しめるものになりかねません。

怒りで指が震えたならば、まずは一旦、ご自身の感情のスイッチをOFFにしてみるのが先決ではないでしょうか。

  ***

この性暴力犯罪についてですが、警察側の配慮が取り沙汰されている以上、この「配慮」の部分に関しては政治権力による検証(この部分は野党勢力に期待せざるを得ない)が必要だと思います。逮捕状が出たというのが事実であれば、少なくとも嫌疑不十分は成り立ちにくいと思うのですが。

nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

次の東京裁判で裁かれるのは彼らだ ―怒りに憑かれる中高年― [雑感的ひとこと]

ドイツが二次大戦下の黒歴史をナチ狩りで精算せざるを得ないように、 日本は2020年以降、安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りをせざるを得なくなるんじゃないか。

これは少し前まで教育のカテゴリーでは中堅のブロガーさんだった、とある中年男性氏のツイート。
どうして氏のツイートを取り上げるかと言うと、あまりにも憎悪のエネルギーが強いからです。「安倍死ね!」「日本死ね!」などの罵声の方がはるかに健康的。副題の通り、怒りに「憑かれる」といった感があります。
ともかく、「安倍狩り」とは話が飛び過ぎじゃないか? と思っていたのですが・・・、

・・・なるほど、氏の脳内ではこういうふうに繋がっていたんだ。同じく以下は、この男性氏のツイートです。

かつて国際社会の対立構造と言えば冷戦構造だったんだけど、この1ヶ月弱で突如、アメリカが世界中を敵に回すという対立構造が生まれつつある。
で、安倍はそのアメリカに身も心も捧げる。
もし私がライターで第3次世界大戦ネタをいま書くのなら、日米vs他の国全部という話を書く。勝敗は明白。


日米vs他の国全部とは・・・まあこの程度なら、まだ呟きの範疇でしょうが、

安倍政権のメチャクチャな施策、特に外交について、それじゃ破滅だと気づいてる人間は猛批判してる。政権関係者にだってこれじゃ破滅だとわかってる人間は絶対にいるはず。
その人たちが「立場>自分」であればブレーキは効きっこない。
次の東京裁判で裁かれるのは彼らだ。


次の東京裁判・・・ある種「健康的と言える範囲の呟き」を超えつつあるものを感じます。
そして、次のツイートでは具体的な年代が入り、話は奇妙な妄想?の域まで達します。

2025年の日本。五輪とアベノミクスで経済が壊れ大量の国民が貧困生活を送っている。アメリカとの貿易協定丸呑みで食品も医療もインフラも高額。第3の敗戦下、子どもが母親に問う。
「ねえ、おじいちゃんってネトウヨだったの?」


氏らが言うネトウヨ(あるいはネトウヨ的思考・志向を含ませたにしても)が大勢の舵を決める、とは既に感覚器が壊れているとしか言いようがないと思いますが、とにかくこの男性氏の脳内ストーリーは続き、冒頭の「安倍狩り」に進みます。再掲します。

ドイツが二次大戦下の黒歴史をナチ狩りで精算せざるを得ないように、 日本は2020年以降、安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りをせざるを得なくなるんじゃないか。

・・・いかがでしょうか。

日米は全世界を相手に戦争状態となる。

結果、日米は敗戦国となり、日本は東京裁判において安倍政権、それを支えた官僚らが裁かれる。

敗戦下、国民は貧困生活に喘いでいる。この頃の国民は国策を誤らせたのは安倍政権を支持した「ネトウヨ」のせいだという認識のようだ。
(どういう訳か、東京オリンピックは無事開催されたという設定になっている)

安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りが行われるようになる。


恐らくこの男性氏は人並み以上の優れた知性をお持ちなのだと思います。
しかしその知性も憎悪エネルギーに侵されているためか、氏の脳内で行き場を失い、悶々とこのようなストーリーを創出させている状態です。
私も含めて中高年は、経験や思考の蓄積といった鎧を身にまとってしまっている為かバランスが全くおかしくなってしまうことがあるようです。

この男性氏、まさかリアルにこのような事は口にしていないとは思いますが・・・。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | - 雑感的ひとこと ブログトップ
メッセージを送る