So-net無料ブログ作成

間もなく「4.25」(JR西日本福知山線脱線転覆事故) [バス・鉄道]

JR西日本福知山線脱線転覆事故。
高速運転区間(直線区間)の先の急カーブで事故は起きました。事故当時、通常電車は120km/hから70km/hに減速してカーブに進入する、という運転が行われていたとの事です。

ただ、このような線形の箇所は全国的に、他にも至るところにあると思います。個人的にも利用機会のある札幌~小樽間にも存在します。
それではなぜ、福知山線では大事故に至ってしまったのでしょうか。

JR北海道 函館本線 ほしみ~銭函駅間にて。
(2017年4月21日撮影)
P4219292.JPG
P4219290.JPG
写真で見る限り、福知山線の現場とほぼ同じ曲線半径のように思えます。

P4219290B.JPG
ATSの地上子が連続して設置されています。恐らく過速度を検知するためだと思われます。

P4219295.JPG
P4219296.JPG
この区間では110km/hから70km/に減速し、カーブに進入している模様です。


鉄道の事故に関しては、この「JR西日本福知山線脱線転覆事故」、それと「東武伊勢崎線竹ノ塚駅踏切死傷事故」、「信楽高原鐵道列車衝突事故」、これらの事故は運輸・交通業に携わる人であれば(できれば職種に関わらず)必ず勉強しておくべきだと思います。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る