So-net無料ブログ作成
検索選択

次の東京裁判で裁かれるのは彼らだ ―怒りに憑かれる中高年― [雑感的ひとこと]

ドイツが二次大戦下の黒歴史をナチ狩りで精算せざるを得ないように、 日本は2020年以降、安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りをせざるを得なくなるんじゃないか。

これは少し前まで教育のカテゴリーでは中堅のブロガーさんだった、とある中年男性氏のツイート。
どうして氏のツイートを取り上げるかと言うと、あまりにも憎悪のエネルギーが強いからです。「安倍死ね!」「日本死ね!」などの罵声の方がはるかに健康的。副題の通り、怒りに「憑かれる」といった感があります。
ともかく、「安倍狩り」とは話が飛び過ぎじゃないか? と思っていたのですが・・・、

・・・なるほど、氏の脳内ではこういうふうに繋がっていたんだ。同じく以下は、この男性氏のツイートです。

かつて国際社会の対立構造と言えば冷戦構造だったんだけど、この1ヶ月弱で突如、アメリカが世界中を敵に回すという対立構造が生まれつつある。
で、安倍はそのアメリカに身も心も捧げる。
もし私がライターで第3次世界大戦ネタをいま書くのなら、日米vs他の国全部という話を書く。勝敗は明白。


日米vs他の国全部とは・・・まあこの程度なら、まだ呟きの範疇でしょうが、

安倍政権のメチャクチャな施策、特に外交について、それじゃ破滅だと気づいてる人間は猛批判してる。政権関係者にだってこれじゃ破滅だとわかってる人間は絶対にいるはず。
その人たちが「立場>自分」であればブレーキは効きっこない。
次の東京裁判で裁かれるのは彼らだ。


次の東京裁判・・・ある種「健康的と言える範囲の呟き」を超えつつあるものを感じます。
そして、次のツイートでは具体的な年代が入り、話は奇妙な妄想?の域まで達します。

2025年の日本。五輪とアベノミクスで経済が壊れ大量の国民が貧困生活を送っている。アメリカとの貿易協定丸呑みで食品も医療もインフラも高額。第3の敗戦下、子どもが母親に問う。
「ねえ、おじいちゃんってネトウヨだったの?」


氏らが言うネトウヨ(あるいはネトウヨ的思考・志向を含ませたにしても)が大勢の舵を決める、とは既に感覚器が壊れているとしか言いようがないと思いますが、とにかくこの男性氏の脳内ストーリーは続き、冒頭の「安倍狩り」に進みます。再掲します。

ドイツが二次大戦下の黒歴史をナチ狩りで精算せざるを得ないように、 日本は2020年以降、安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りをせざるを得なくなるんじゃないか。

・・・いかがでしょうか。

日米は全世界を相手に戦争状態となる。

結果、日米は敗戦国となり、日本は東京裁判において安倍政権、それを支えた官僚らが裁かれる。

敗戦下、国民は貧困生活に喘いでいる。この頃の国民は国策を誤らせたのは安倍政権を支持した「ネトウヨ」のせいだという認識のようだ。
(どういう訳か、東京オリンピックは無事開催されたという設定になっている)

安倍政権下の黒歴史を精算するために安倍狩りが行われるようになる。


恐らくこの男性氏は人並み以上の優れた知性をお持ちなのだと思います。
しかしその知性も憎悪エネルギーに侵されているためか、氏の脳内で行き場を失い、悶々とこのようなストーリーを創出させている状態です。
私も含めて中高年は、経験や思考の蓄積といった鎧を身にまとってしまっている為かバランスが全くおかしくなってしまうことがあるようです。

この男性氏、まさかリアルにこのような事は口にしていないとは思いますが・・・。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 2

心如

第三次世界大戦が実際に起こったとすれば、アメリカの核兵器と、その他の国の核兵器が使われる可能性が高いと思います。もし、そんなことになれば、人類のほとんどは滅亡しますから、次の東京裁判なんてものは無いのではないかと思います。
日米安保で、中国の武力侵略を封じ込めるのは、日本の為だけではなく、文字通り「世界平和」のためになるのではないかと私は愚考しますが。、、
by 心如 (2017-02-17 22:55) 

100ccライダー

現実世界の核戦争の脅威は、テロリストによってひき起こされる可能性によるところがとても大きいと思います。そうなると、イスラエルやアメリカは否応なく当事者にならざるを得ない。
本文で取り上げた「日米vs他の国全部・・・東京裁判」だなんて、空想だとしても馬鹿馬鹿しいにもほどがあるレベルです。

中国については・・・確かに中国は極めて挑発的な一面もありますが、いわゆる世界的な脅威と言うのとは方向が違うと思います。


by 100ccライダー (2017-02-20 01:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る